家を売却する注意点

家の売却はどんな風に進めて、何に注意したら良いの?

不動産を売るなんて初めてで、どこに相談したら良いのか分からない…

大事な資産だから、絶対に家を上手に売りたい!

プロの不動産業者で無い限り、そうそう家の売り買いなんて経験しません。

だからこそ、こういう疑問や悩みを抱えている方も多いのでは無いでしょうか。

でも、実は家を上手に売却する為の基礎知識って結構カンタンなんです。

まい

読んで頂きありがとうございます!損せず家を売る案内人の「まい」です!
このページの記事ではそんな、家を売る時の注意点や高く売ってくれる不動産屋さんの選び方等を詳しく解説します♪

読むだけで、どうやって家の売却を進めたら良いのか分かる様にまとめています。

それでは、解説しますのでご参考ください!

家を売却する手続きや流れ

まず皆さん家を売る時に悩むのが、「何から手を付ければ良いの?」と言う所だと思います。

通常の正しい手続きの流れはこんな感じです。

    1. 不動産会社数社に「査定依頼」を出す
    2. 査定結果の根拠や対応がしっかりしている業者と媒介契約
    3. 売り出し開始、内覧見学の対応
    4. 価格交渉&契約
    5. 引き渡し&決済

この中でとても大事なのは、お付き合いする不動産会社選び。

どこと付き合うのかで、早くて高く売れるのかが変わってきます。

まい

業者は大手を選んでおけば良いんでしょ?と思われるかも知れません。
けれども、安易に大手を選ぶと失敗する事が多いんです。
続いてはそんな、売却依頼する不動産会社の選び方をしっかり解説します!

一括査定を賢く使って良い不動産業者を見つけるコツ

一括査定を賢く使って良い不動産業者を見つけるコツ

不動産屋さんは大手が安心!と安易に依頼すると、「囲い込み」に合ってしまう恐れが有ります。

囲い込みとは、手数料欲しさに不動産会社へ買主候補から連絡が有っても、隠して自分の顧客からしか買わせない仕組み。

これではあなたの物件は、いつまでも売れなかったり、良い条件で売れる可能性が低くなります。

なので不動産会社は規模では無く、誠実に対応してくれるか、大手と地元業者でしっかり比較する事が大切なんです。

下記の老舗不動産査定サイト「イエウール」では、実績の有る大手と地元業者の査定を比較する事が出来るサイト。

大手業者の資本が入ってないサイトなので、公正な査定結果を知る事が出来ます。

正しい評価額や、本気であなたの物件を売ってくれる不動産業者を見つけたい時にご利用下さい。


イエウール>>イエウールで無料査定して高く売る<<

高く家を売却する為の7つの基礎知識

不動産を売却する経験なんて、誰もがそうそう経験する物では有りません。

だからこそ、不動産を売る時は何に注意したら良いのかって、結構悩んでしまう方が多いです。

売りに出してからどの位の期間で売れるのか、税金はどうなるのかだったり…。

ここからはそんな、不動産売却する時に知っておきたい基礎知識について詳しくご案内いたします。

戸建ては中々売れない?家の売却期間の目安

戸建ては中々売れない?家の売却期間の目安

家を売りに出す時、大体の売却価格は不動産会社がしっかり査定してくれます。

けれども、家がいつ頃までに売れるのかって気になりますよね。

一般的に、マンションは結構早く売れるんです。大体2ヵ月~半年位までに売れる事がほとんど。

けれども、戸建ては半年~1年かかる事も良く有る話。

マンションは間取りの規格がどこも似ている上、立地が良い事が多いのですぐ売れます。

けれども、戸建ては間取りもデザインも家それぞれ。立地もマンションの様に良い所ばかりでは有りません。

だからこそ、戸建ては中々売れ無いので、早めに売却に動く事が大事なんです。

まい

不動産売却は、だから早めに動く事が良いんです。
実際に売り出して「売れやすい時期」について次の項目ではご案内致します!

家を売却しやすい時期やタイミング知ろう

家を売却しやすい時期は

当然ながら、家が売れやすい時期やタイミングって当然有ります。

最もメジャーな時期は、1月~3月の間が最も買い手が付く期間です。

人が引っ越すタイミングで、当然家も売れます。

続いて良い時期は、秋口から年末にかけて。

この時期は、不動産会社も1~3月に向けての広告を出し始める時期。

なので当然、買主の購入意欲が高まっており、じっくり検討して買いたい人はこの時期から物件を検討し始めます。

まい

こういう事も踏まえて、売り出しに最適にな時期は秋口から始めると良いです。
3月ギリギリに出しても、購入の意思決定している人が多いので、あまり良い結果は望めません。

内覧見学は絶対に手を抜いちゃダメ

内覧見学への対応はしっかり掃除

物件を少しでも高く売りたい!誰もが願う所だと思います。

そんな時に絶対に手を抜いて欲しく無いのは、内覧見学への対応。これはかなり大事なんです。

しっかり掃除をして、邪魔な物は処分する。ニオイや空気がこもってない状態で内覧してもらう。

言ってみれば、内覧時のあなたのお家はショールームです。

当然生活臭が強いお家では、あまり良い成果は望めません。

しっかり内覧見学前には事前準備を行いましょう。

まい

何回も同じ内覧見学の対応がめんどくさい…。そんな方も時折います。
けれども、何回も来る人ほど購入意識は強いので、しっかり対応しましょう。

空き家は賃貸より売却するのがおすすめ

賃貸より売却

相続等で空き家が手に入ったから、賃貸に出そうか悩む方もいると思います。

しかし戸建ての場合には、基本的に売却してしまった方がオトクな事が多いです。

と言うのも、戸建ては駅から距離がある上、マンションよりもメンテナンスにお金が掛かります。

屋根や外壁の塗装工事だったり、シロアリや雨漏りだったり。

借り手だってマンションよりは付き辛い物。しっかりリフォームしても、年々賃料は下がって行きます。

だからこそ、誰も住まない空き家の場合には、売却して処分するのが一番お得です。

まい

空き家は放置しておくと、税金の控除が外れて高額な税金を払う羽目になります。
そうならない為にも、老朽化した空き家の場合には早めに対処を行いましょう。

売った時の所得税や固定資産税の事

所得税や固定資産税

不動産を売却すると、当然ながら一時的に高額な収入になります。

そうなると、沢山所得税を払わなきゃいけないんじゃないか?って勘違いしがち。

課税対象になる金額の算出は、売却額から物件購入にかかるお金と売却にかかったお金を引いた物。

しかも、その額から3000万円は控除されます。

なのでビックリする様な所得税を払わなくてはいけないなんて事は、ほとんどのケースでは有りません。

まい

加えて、固定資産税は毎年1月1日時点で物件を所有している人が、4月からはじまる1年分の税金を支払います。
なので、出来ればこれに被らない様に売却する事をおすすめ致します。

住みながら家を売却できるリースバック。リバースモーゲージとの違い

リースバック。リバースモーゲージ

また、最近では住みながら家を売却すると言う、リースバックと言う物が最近は注目されています。

この仕組みとしては、一度自宅を売却した上で、不動産会社に物件を買い取ってもらいます。

その上で、売った人がその家を不動産会社から借りる仕組みです。

似た様な物で「リバースモーゲージ」と言う物が有りますが、これは自宅を担保に銀行からお金を借りる物。

なので、リバースモーゲージはリースバックと違い、建物を売却する訳では有りません。

まい

リバースモーゲージやリースバック等は、住みながら売却益が手に入ります。
けれども、賃料が払えなくなったりしたら、当然引っ越さなくてはいけません。

オーバーローンの場合は売れないの?

オーバーローン

また、家を売却する時に注意したいのは「オーバーローン」問題。

これは何かと言うと、ローン残高が売却価格よりも上回ってしまっている状態です。

マイナス分をあなたが支払うか、任意売却でマイナス分のローンを組まなくては売却できません。

まい

オーバーローンでも、ちゃんとした手続きを取れば売却出来る事が多いです。
こういう時でも、柔軟に対応してくれる業者を選ぶ事がとっても大事です。

住宅を高く売る為のコツや必要知識まとめ

どうだったでしょうか?

今回ご案内した事をまとめると…。

まとめ

こういった様に、家を売却するには、真剣にあなたの家を売ってくれる業者を見つける事がとっても大事。

下記の老舗不動産査定サイト「イエウール」では、実績の有る大手と地元業者の査定を比較する事が出来るサイト。

大手業者の資本が入ってないサイトなので、公正な査定結果を知る事が出来ます。

正しい評価額や、本気であなたの物件を売ってくれる不動産業者を見つけたい時にご利用下さい。


イエウール>>イエウールで無料査定して高く売る<<